本文へスキップ
 

学校長あいさつ

本校教育の構え

 情報のIT化・国際化が急速に進む10年先の社会を見据え、児童や家庭・地域の実態を十分に踏まえた上で特色ある教育活動を展開し、豊かな人間牲や基礎・基本を身につけ、自ら学び自ら考える「生きる力」を育成する。そのために、教職員が個性を発揮し、学校・家庭・地域で連携を図りながら三者が一体となって「チーム川会」として一人一人の児童を育てる。

 (1)子どもが教育の中心に
 (2)教師は授業を大切に
 (3)生き生きとした子どもを育てる学校に
 (4)信頼される学校に


教育目標

目標イメージ

(1)教育目標

 「志を育み、心豊かにたくましく学び合う学校文化の創造」
      

(2)校訓

 勤倹力行 -きんけんりっこうー
    よく働き、ものを大切にし、実行に努める子ども

(3)具体的目標

 めざす児童像

○やさしい子  □違いを認め合い、相手や状況に合わせて適切に表現し、お互いの考えを取り入れ
         ながら 協働できる。(主体的・対話的深い学び)
○かしこい子  □課題意識を持って学習し、対話しながらよりよく問題を解決することができる。
○たくましい子 □目標を持ち、互いに支え合い、困難を乗り越えあきらめずに挑戦しようとする。

令和4年度の重点目標

 気づき、考え、行動(表現)できる子どもの育成
合言葉
 やってみよう自分で、輝こう友達と!
        ~久留米一笑顔あふれる川会小学校

 
【多様性と調和】・他者との共通点や相違点があることに価値を見いだし、相違点を認めることができる力
 【主体的・対話的な学び】・考えを説明したり、友達と話し合ったりして考えを広げたり深めたりする力
 【健康増進】・健康や体力などの目標を持ち、目標に向かって粘り強く取り組
む力
 
  以上のような目標を実現するために、「鍛えて・ほめて・伸ばす」を指導のキーワードとして、チーム川会で、121名の児童を優しく、賢く、逞しく育てていきますので、ご理解とご協力、ご支援をどうぞよろしくお願いします。

                        令和4年4月1日
                        久留米市立川会小学校  
                                 校 長  豊田 達之